トップイメージ

ダイヤモンド・ヘッド 登山体験記

山道入り口より山頂までの距離は片道0.7マイル(1.1キロ)で火口底面から山頂までの高さは 560フィート(170メートル)あります。
山道は平坦でない急な岩山をたどりますので充分な注意と 適切な靴が必要とされます。
山道の一部には急勾配の階段がありますが、急がずに充分時間をかけて 登ってください。
山道の他の部分では長く狭いトンネルを通ります。
付近の気温は常に高いので、 帽子、サンスクリーンと充分な飲み水の用意をおすすめします。
1時間半から2時間をかけてゆっくり快適なハイクを楽しんでください。
(リーフレットより、原文のまま)





ダイアモンドヘッド ハワイ

ここは記念撮影ポイントらしく、みんなかわるがわる写真を撮っていました。
看板から足が生えていますが、ウチの三男です。

ダイアモンドヘッド ハワイ

さぁ〜、がんばって行こう〜♪長男4年生。次男2年生。三男年中さん。 体力自慢の男たち。

ダイアモンドヘッド ハワイ

ゆっくり行こうよ。競走じゃないんだから。次男と三男はすでに走り去り。

ダイアモンドヘッド ハワイ

おい、走るな!ちいさい青い点がウチの三男。ママ、すでについていけない。

ダイアモンドヘッド ハワイ

舗装されている道はここで終わり。ここからがホントの山道よ。

ダイアモンドヘッド ハワイ

やっぱり、今朝までの雨の影響で道がみずたまってる。

ダイアモンドヘッド ハワイ

うへぇ。まだ、あんなに登るのか。すでに結構登ったつもりだけど?

ダイアモンドヘッド ハワイ

すでに、きゃーきゃー言いながら走れる道ではありません。
柵にアミが張ってあるのは、一部だけで、あとは柵だけで、アミはありません。
ここから落ちたら、まず助からないぞ、という険しい山。慎重にね。
そこから落ちたら、 命はないぞ!

ダイアモンドヘッド ハワイ

途中、滝がありました。ちょっと給水タイム。

ダイアモンドヘッド ハワイ

お前ら、よくそんなところでニコニコしてるな。下を見てみろよ。
そこから落ちたら、 命はないぞ。・・・ってハラハラしてるのは、私だけみたい。
実際行ってみないとわからないと 思うけど、高所恐怖症の人にはムリなポイントです。

展望台となっている砦のコンクリート台座は、この上に設置したウィンチとケーブルで資材を噴火口の底面から山道の中間地点まで引き上げるのに造られたものです。(リーフレットより)

ダイアモンドヘッド ハワイ

第一の階段です。76段の急勾配のコンクリート階段。 まだまだみんな余裕です。

ダイアモンドヘッド ハワイ

階段を上りきると、最初のトンネル。
ここから先は225フィート(約70メートル)もある 狭いトンネルです。

ダイアモンドヘッド ハワイ

ここでは、ABCで買ってきた懐中電灯が役にたちました。
ほんのり薄暗い照明が あったので、真っ暗というわけではありませんでしたが、やっぱり懐中電灯はあったほうがよいです。
誰かとすれ違うときは、お互いが譲り合わないと通れないくらいの道幅です。

ダイアモンドヘッド ハワイ

やっとトンネルを抜けたと思ったら、すぐに第2の階段です。

ダイアモンドヘッド ハワイ

この写真の手前側にも、展望スペースがありました。
朝の雨のおかげで、ここも水溜りです。
この第2の階段は99段あります。頂上まで、もう少し。

この階段の頂上はワイキキにあるデルーシー要塞の観察器材が設置されていた攻撃統制所の最下層の 階への入り口になっています。(リーフレットより)

ダイアモンドヘッド ハワイ

そしてコンクリートで囲まれた第2のトンネル。このトンネルは短くて、 あっという間。

ダイアモンドヘッド ハワイ

第2のトンネルを抜けるとすぐに、真っ暗の螺旋階段。
どこかのサイトで、ここにも照明がついたというウワサを聞いたのですが、 真っ暗だったような気がします。
懐中電灯と、カメラのフラッシュを何度かたいたりして 足元を確認しながら、慎重に上ります。
携帯電話で明るくしていた人もいました。

ダイアモンドヘッド ハワイ

降りてくるヒトと、登る人が、同じ階段を使うので、声を掛け合って、譲り合います。
幸い、この日はそんなに人が多くなかったので、割とすぐに登ることができたのですが、 込んでいる時期は、ここは一番の渋滞ポイントになるようです。

このらせん階段は4層建ての砲撃統制所の各階に連結しています。三階に行くとそこに設置 されていた観察機械を固定した受台が今も残っています。(リーフレットより)

ダイアモンドヘッド ハワイ

螺旋階段を上りきると、またしてもコンクリートで囲まれた短いトンネルのあと、 なにやらお部屋のような不思議な空間。

昔はよろい戸でふさがれていた細い小窓から噴火口の外側に出ます。この建物の海に面した 外側が岩石やコンクリートでカムフラージュされているのをごらんください。(リーフレットより)

ダイアモンドヘッド ハワイ

外に出るのに、こんなはしごを上りました。やっぱりここにも水溜りができていました。
watch your step! とみんな声を掛け合ってました。

ダイアモンドヘッド ハワイ

watch your step! といわれて足元に気をとられていて、ここで頭をゴンって ぶつけている人が何人もいました。

watch your head!

ダイアモンドヘッド ハワイ

これは帰りに撮った写真なので、みんなうしろを向いていますが、ここを 回り込んで、さいごの金属階段を上ります。

ダイアモンドヘッド ハワイ

昔は梯子段だったらしいのですが、1970年代にハイカー達の安全のために 金属製の階段に取り替えられたらしいです。さあ、この階段を登れば、やっと頂上です!!

ダイヤモンドヘッド

ここが頂上の観察所。
噴火口外輪山の山頂と砲撃統制所の最も高いところは標高761フィート(230メートル)にあります。 噴火口の周禄には1915年に地上よりの攻撃に備えて設けられたトーチカの一部が見えます。
(リーフレットより)

さあ、頂上からの絶景は次ページで!

ダイアモンドヘッド ハワイ

行った道をただそのまま引き返して下山してきました。
朝の雨のせいか、そんなに気温も高くなく、ひとり一本持参したペットボトルは誰も飲み干しませんでした。
往復で2キロちょっとの山登り、思ったほど疲れもせず、ウチの子たちはまだまだ 体力が余っている様子でした。
体力は余ってても、さすがにお腹はすいたみたいで、持参したおにぎりをペロリと食べました。

ダイアモンドヘッド ハワイ

ふもと付近で、こういう鳥をたくさん見かけました。 なんていう名前の鳥かしら?

ダイアモンドヘッド ハワイ

駐車場に向かう途中、こういう移動販売車が来ました。
みんな登山でお腹がすいているのに、 近くに食べ物を売っている場所もお店もありません。
ウチは、ペットボトルのお水とおにぎりと、少しお菓子もあったので、とくに何も買いませんでしたが、 ホットドッグが5ドルくらいと、結構、お値段高めだったような気がします。

でも、シェイブアイスは食べたかったな〜。
結局、今回の滞在中、一度もシェイブアイスは食べませんでした。残念。

このページの先頭へ  次ページへ

出発当日

コンドミニアム

この木なんの木?

ダイヤモンドヘッド

ショッピング

ホノルル動物園

ハワイにまつわるエトセトラ

リンク集

Copyright (C) 2007ハワイ旅行!!by tomo ishii , All Rights Reserved.