トップイメージ

マイルを貯めて、ハワイに行く!

 食費も、光熱費も、ガソリン代も、すべてカード払いにして、1年半かけて、 ハワイ行きのマイルを貯めました♪
各航空会社によって、マイレージプログラムも違うのですが、ウチはJALのマイレージ プログラムを利用しています。
普段のお買い物でもどんどんマイルが貯まるので、JALのホームページで貯まったポイントを チェックするのが楽しみです♪


ホテルVSコンドミニアム

コンドミニアム

ハワイでの宿泊をホテルにするか、コンドミニアムにするか、迷うところです。
いえ、ウチは迷わずコンドミニアムです。

コンドミニアムのいいところは、なんといっても部屋が広いことです。
家族5人で、しかも元気すぎる男の子が3人もいると、寝るだけのホテルの部屋では どうしても狭く感じてしまいます。

滞在中の子供たちは、旅の興奮や緊張で意外に疲れているので、途中何日かは 部屋でただゆっくり過ごすことが多かったので、ゆったりした間取りの部屋は とても魅力的でした。

そしてやっぱりキッチン付き。
これは我が家的にはずせないポイントです。
息子は小麦と乳製品にアレルギーがあるので、基本的に米食です。

やっぱり、炊飯器があると、食事の心配がかなり軽減されます。

滞在中、数回はレストランでの食事ももちろん楽しみますが、海外での食事は 私たちの口にあわないことが多く、やんちゃな子供を連れての毎回の外食は 逆に大人が疲れてしまうことも多々あります。

そしてなにより、滞在費が安くあがる!!
パンフレットなどに記載されているホテルの宿泊費は、基本的に「お一人様」の お値段です。
家族5人だと、5倍になります。

コンドミニアムは、一部屋のお値段なので、長期滞在になればなるほど、 宿泊費の差額は当然大きくなります。

そして、毎回外食しなくてもいいので、滞在中の食費もぐーんと抑えることができるので、 旅行代金トータルの金額はかなり経済的になります。

こうしてみると、いいことづくめのコンドミニアムですが、もちろん欠点もあります。
ワイキキビーチ沿いに建っているのは、ほとんどがホテルです。
コンドミニアムはほとんどがビーチから1〜2ブロック離れたところにあります。

そしてやっぱり、ゴージャスな気分を味わえるか、といったらそれは期待できません。

だけどやっぱり我が家では、子連れの旅行にゴージャスさや華やかさは期待しません。
「異国で暮らす」プチ体験こそが子連れ旅行の最大の魅力だと思っていますから。





子連れでハワイ♪

ワイキキビーチ

今回の旅行は、子連れでもあるし、マイレージプログラムを利用したこともあって、 飛行機も宿泊もすべて個人手配しました。
ワイキキビーチまで歩いてすぐの場所にあるコンドミニアムに宿をとったので、 特にアクティビティなどの予約もしませんでした。

子連れなので、気ままな時間に起きて、ビーチに行ったり、プールで泳いだり、 一度部屋に帰って休憩してからショッピングセンターに出かけたり。

終始自由気ままな旅になりました。


このページの先頭へ  次ページへ




出発当日

コンドミニアム

この木なんの木?

ダイヤモンドヘッド

ショッピング

ホノルル動物園

ハワイにまつわるエトセトラ

リンク集

Copyright (C) 2008子連れでハワイ!!by tomo ishii , All Rights Reserved.