トップイメージ

コンドミニアムでの食事


外食ギライの長男と、食物アレルギーの次男と、好き嫌いの激しい三男と、異国の食べ物が どうしても口にあわないママ。
そんな家族なので、ハワイ旅行を決めたときも、宿泊はコンドミニアムと 最初から決めていました。

ときどきはレストランで食事をすることはあっても、毎回の外食となると、 たまには食べなれたものも恋しくなります。

それに、ビーチやプールでたっぷり遊んだあと、お腹はすいているけど、レストランでお行儀よく できないのが子供たちです。

私達は日本から簡易キッチンでも調理できる食料をいくつか持って行きました。
部屋でカンタンな食事を作ることによって、時間的にも金銭的にも余裕ができ、楽しいハワイ旅行を 満喫することができました。





コンドミニアム

スープパスタ?違います。サッポロ一番塩ラーメンです。
ハワイのコンドミニアムには どんぶりなんていう食器はありませんでした。
やむなく、サラダボウルで代用です。割り箸も少し持っていったのですが、すぐに なくなってしまい、スプーンとフォークでパスタのようにして食べました。
プールあがりの冷えた体に、子供たちにはほっとする味です。

コンドミニアム

出かけるときは、できるだけおにぎりを作って出かけました。
ワイキキあたりのビーチで遊ぶなら、ちかくにABCストアがあって、そこで おにぎりやサンドイッチも食べられますが、モアナルアガーデンやダイヤモンドヘッドには 食べ物屋さんがちっともなかったので、毎回大活躍でした。

コンドミニアム

このおもちゃみたいな炊飯器は、はじめちょっと使えるのか不安でしたが、意外にも ちゃんとしたゴハンが炊けました。
3合炊きの炊飯器で、私達は、ちょうど、ジプロックに お米を3合づつ、7日分持っていったので、分量を量る手間もなく、ラッキーでした。
そ、そういえば、計量カップの単位は日本仕様じゃなかった気がします。
3合×7日分のお米はすぐに なくなってしまいました。

コンドミニアム

インスタントの味噌汁も、持って行ってよかったアイテムのひとつです。
コーヒーカップにスプーンで頂きました。
ほかには、滞在中そうめんやお茶漬けなんかをよく食べました。

コンドミニアム

レトルトのカレーやおかず。パスタにからめるだけのソースなど。
どれも簡単な調理(暖めるだけとか)ですぐに食べられるものを持っていきました。
一応キッチン付きとは言っても、旅行先まで家事に追われたくありません。

コンドミニアム

周りにレストランがないような場所では、こんな感じのホットドッグスタンドがありましたが、 やっぱり高い。
ABCストアで99セントのホットドックとなんら変わりのないホットドックが 5ドルくらいです。
こんなジャンクなものに高いお金は使いたくないのです。

このページの先頭へ 次ページへ

出発当日

コンドミニアム

この木なんの木?

ダイヤモンドヘッド

ショッピング

ホノルル動物園

ハワイにまつわるエトセトラ

リンク集

Copyright (C) 2007ハワイ旅行!!by tomo ishii , All Rights Reserved.