トップイメージ

ハワイでレンタカー


ハワイでは国際免許は必要ありません。
ただ、左ハンドルによる車幅感覚のちがい、なれない右側通行、土地鑑のない場所、 などなど、気疲れする要因もたくさんあるので普段、運転に慣れている人が運転するように しましょう。

ワイキキだけで過ごすなら、バスやトロリーを上手に使えば、レンタカーは 必要ないと思います。
実際、我が家でも、旅の前半はワイキキ、後半は脱・ワイキキと 大雑把に予定を立てていたので、レンタカーを借りたのは、旅の半分だけでした。

でもやっぱり、子供はいつ眠くなるかわからないし、子供がいるだけで荷物が増えるし、 ショッピングセンターなどで思い切りお買い物を楽しみたい場合などはやっぱり車があったほうが便利だと思います。

レンタカーを借りる場合は、レンタル料金の他に、保険料、駐車場、ガソリン代など が別途かかりますので、予算を決めて、よく検討しましょう。

私達が宿泊したワイキキ・バニアンでは駐車場は有料で1日8ドルでした。
(最近10ドルに値上がりしたみたいです。)

そして、ハワイでの子連れのドライブでもっとも気をつけないといけないのは、飲み物と 食べ物を持参する!ということです。

ワイキキのようにお店がたくさんあるところでは心配ないのですが、ハワイは車でちょっと 走ると、とんでもなく田舎です。
なんにもない延々と続く道路や住宅街になってくると お店を見つけるのも難しいです。

子供たちは、いつ「お腹がすいた〜」とか「喉が渇いた〜」とか 言うかわかりません。
気温が高いと熱射病も心配です。
なので、車で出かけるときは、 かならず、ペットボトルに飲み物とちょっとした食べられるものやおやつは必ず持って ドライブに出かけましょう〜。





ハワイ レンタカー

私達はハーツレンタカーを利用しました。コレが私達が借りた車です。
日本でよくみかけるこのタイプの車よりも一回り大きかったです。
帰りはこの車で空港まで 帰るので、「スーツケースが入る大きさ」というのは、はずせない条件です。

ハワイ レンタカー

レンタカーを借りるとき、日本語対応のカーナビをリクエストして、OK!と 言ってもらったはずですが、実際このカーナビ、どこをどう操作すれば日本語対応に なるのかが、さっぱりわかりません。
結局終始、英語バージョンでのカーナビに 頼るしかありませんでした。

ハワイ レンタカー

日本ほど、道がごちゃごちゃしていないせいか、アメリカというお国柄のせいか、 このカーナビ、地図表示も道案内もかなり大雑把。しかも画面も小さい。
「およそ何マイル先を右」 というような英語のアナウンスも聞き取りにくい。
マイルとメートルの感覚の違いに慣れるのにも時間がかかり、 車内では、子供たちに、「しーっ!うるさくしないで。カーナビの英語が 聞き取れないと、迷子になっちゃうよ!」と浮かれてる子供たちを黙らせるのも一苦労。

他にもイロイロ、ハワイのレンタカー一覧



ハーツレンタカー

ダラーレンタカー

バジェットレンタカー

ニッポンレンタカーハワイ

アラモレンタカー

ホノルルオートレンタル

エイビスレンタカー


このページの先頭へ 次ページへ

出発当日

コンドミニアム

この木なんの木?

ダイヤモンドヘッド

ショッピング

ホノルル動物園

ハワイにまつわるエトセトラ

リンク集

Copyright (C) 2007ハワイ旅行!!by tomo ishii , All Rights Reserved.