トップイメージ

ハワイの交通手段〜バスとトロリー〜


車がない場合のハワイでの主な交通手段はバスかトロリーになります。

 ザ・バスの公式サイト

ハワイに限ったことではありませんが、日本以外の国では、バスは時間通りに来なくてあたりまえ。
時間に余裕を持って行動するほうがよさそうです。

乗る時は車両前方のドアから乗車します。
このドアから降車する人もいるので全員降りたことを確認してから乗車しましょう。

運賃は1回の乗車につき2ドル。子供は6〜18才が1ドル、6才未満の幼児は大人同伴なら無料
(ただし幼児が2人の場合は子供1人分の料金になります)。

支払いは現金のみで、お釣は貰えません。
乗車時に運転席のすぐ横にあるボックスに投入する先払い制になっています。

降車は前方、中央どちらのドアからもできます。
中央側のドアは自動的にドアは開きません。ドアのバーに軽く触れると開くようになっています。





ハワイ ザ・バス

オアフでの便利な足として大活躍のザ・バスですが、荷物が多いと、乗車を断られることも あるそうです。荷物はひざに乗る程度に。

ハワイ ザ・バス

バス停に名前がないというのも不思議な話ですが、ハワイではバス停に名前はついていません。

周りの景色を見て、降りるべき場所を見極め、バスの中のひもを引きます。
写真がわかりにくいかも 知れませんが、窓のあたりにひもが渡してあります。
このひもをひくと、ドライバーの横にある「Stop Requested」のランプが光ります。

中央から降りる場合は、扉のランプが緑色に点灯したら、ドアのバーを軽く押して ドアを開けます。
待っていても、日本のように勝手にドアは開きません。

ザ・バスは車内アナウンスはありませんので、目的地が近づいてきたら降りる場所は自分で 判断しないといけません。
(空港からのシャトルバスでは、車内アナウンスはありました。)

ハワイ ザ・バス ハワイ ザ・バス

バスに乗り込むときに、上の写真の「Transfer Ticket」が手渡されます。 これは乗り継ぎ券で、同日で2時間以内なら、他のバスにももう一度乗れます。

チケットの切れ目にある時間を確認して、次のバスの乗車時にこのチケットをドライバーに 渡します。

ハワイ ザ・バス

裏面にトランスファールールというのが詳しく書いてありますが、ちゃんと読んだことはありません。

ハワイ トロリー

ハワイに行ったら、トロリーに乗るのも楽しみです。 (私達は乗りませんでしたが・・・・)

トロリーサイト日本語

ワイキキ〜アラモアナコース(ピンクライン)は予約の必要はありませんが、ワイケレトロリーや お得な乗り放題チケットなどは、予約の必要があります。

トロリーに関しては、DSFのワイキキトロリーチケットカウンターに行けば、日本語で 丁寧に説明してくれるそうです。

JCBのカードを持っていると、ワイキキ〜アラモアナショッピングコース(ピンクライン)が 無料で乗り放題です。

でも、ピンクラインは片道2ドル。往復4ドルがお得になるために、JCBのカードを持つよりも、 私個人としては、普段のお買い物でもマイルがたまるJALカードのほうが断然おススメです。

我が家もJALカードのマイレージを貯めてハワイ旅行を実現しましたから。



このページの先頭へ 次ページへ

出発当日

コンドミニアム

この木なんの木?

ダイヤモンドヘッド

ショッピング

ホノルル動物園

ハワイにまつわるエトセトラ

リンク集

Copyright (C) 2007ハワイ旅行!!by tomo ishii , All Rights Reserved.